2017年を迎え、日進月歩のデザイン業界にも新たなトレンドの波が怒涛のごとく押し寄せています。
私も日々、デザイン業務にあたる人間ですのでそういった情報を積極的に収集していますが、今年は2016年からの流れを引き続きつつ、フラットでミニマルなデザインをよりユーザーフレンドリーへと進める動きがあるように感じています。
というわけで、今回は、2017年に注目すべきデザイントレンドを予測しましたのでご覧ください。

細かなインタラクション

ユーザーの行動に対して、小さなリアクションを返す「マイクロ・インタラクション」に伴い、ボタンやアイコンに動きを持たせることが重要視されそうです。
たとえばシンプルでフラットなボタンは、必ずしも「押しやすい」とは言えないかもしれません。
だからこそ、わかりやすいインタラクションが求められるのでしょう。
すでにマテリアルデザインのガイドラインでは、記載されていたポイントでもあります。

マイクロインタラクション:UXのカギ握る「イージング」の役割とは – WPJ

Buttons – Components – Material design guidelines

細かなインタラクション

カラフルでビビットな色がフラットデザインでは多く見られましたが、これからはよりナチュラルな色合いへと移行していくことでしょう。
自然界にある色をピックアップすることはもちろん、パステルでスモーキーな色使いにも注目です。

ナチュラルな配色カラーパレットをUIデザインにうまく活用する方法 – PhotoshopVIP

グラデーションを被せた画像

2016年にはInstagramなどの有名アプリのアイコンが、一見すると古臭いと思われそうなグラデーションを採用しました。
2017年には、写真にグラデーションを美しく重ねることで魅力を向上するテクニックが多く見られることでしょう。
ヘッダーをはじめ、トップやバナーにも使えそうです。

個性的なタイポグラフィ

ここ数年、つねに「流行」とされているのがタイポグラフィ、それも巨大なものです。
しかし、これまでサンセリフ体が多用されてきましたが、印象的なタイポグラフィをいかに生み出すか、という手腕がデザイナーには求められることでしょう。

文字で人を惹きつける!タイポグラフィで押さえるべきポイント15選|ferret [フェレット]

パララックス

縦長のwebサイトがPC、スマホを問わずに流行となっている今、パララックスエフェクトは今後も必要とされることでしょう。
サイトが持つ素晴らしいストーリーをユーザーに的確に伝えるために、効果を利用するのです。
スクロールするたびにユーザーを惹き付けるようなデザインを、私たちは考慮しなければならないでしょう。

パララックスをデザインに上手く取り入れているサイトまとめ | UX MILK

ボイスUX

SiriやAlexaなど、AIに対する音声入力は2017年に一気に加速することでしょう。
PCやスマートフォンが、いつまで人間にとっての大切なパートナーであるかはわかりません。
次は、時計型かもしれませんし、湯沸かしポット型かもしれません。
もうマウスやキーボードが入力デバイスではなくなるかもしれません。
そうなるとwebデザイナーの業務は大きく様変わりし、「ボイスUX」がメインになることでしょう。
Amazonをはじめ、IT業界の巨人たちはすでにボイスUXデザイナーの採用を進めています。

Senior Voice UX Designer – Alexa