new2
第2企画制作部デザイナー Sさん

「新人さんいらっしゃい」の最終回は第2企画制作部のデザイナーであるSさんに、インタビューしました。彼女は新卒採用ではなくキャリア採用で、モークワンに入社しております。

モーク・ワンに入る経緯は?

使用していた転職エージェントからの紹介がきっかけでした。面接は3回ほど有りましたが進捗が早かったため、入社までスムーズでした。モーク・ワンに決めた理由は「希望していた職種」「ある程度人数のいる制作会社」「進捗が早かった」という点です。

仕事内容については、デザイナーとしてクライアントと消費者のニーズを満たして行くことに変わりはないので、あまり気にせず入社しました。

現在、担当している仕事は?

製菓メーカーのツール制作やイメージカットの撮影。その他、金融からファッション関連会まで幅広い分野で紙媒体ツール(カタログ・パンフレット等)のデザイン制作をしています。比較的ページ数のあるツールも担当しますので、Illustrator・PhotoshopだけでなくInDesignも使用する機会も多くあります。

モーク・ワンのデザイナーの特徴は?

柔軟な考えをお持ちの方が多いように思います。先輩にデザインを見ていただく際も、こちらが制作したデザインを尊重しつつもアドバイスを下さいます。

チームは別れていますが、何か意見を聞きたい時・知識を借りたい時も伺いに行けば別け隔てなく接して頂けます。ただ皆さん忙しくされていますので、自分から行動しないと援助は中々得られません。

業界初のインターバルタイム勤務制度を活用していますか?※1

私は遅くまで残っていることが多いため、活用機会は多いです。

水曜日の「早く帰りましょうデイ」制度は利用していますか?※2

利用できたことがないです。

新人さんに向けて心構えなどのアドバイスはありますか?

はっきり言いますと“受身な姿勢” の方には合わない会社だと思います。自由な社風のため、新しいことへのチャレンジにも寛容です。

そのため“受身の姿勢”でいると取り残されて行ってしまいます。優しい人が多いので、分からないことは素直に分からないと聞くこと。仕事の幅も広いので、周りの人に積極的に意見を聞ける方は、どんどん成長できる環境です。

このインタビューに興味をもった新卒の方はこちらでエントリーすることが出来ます。沢山のご応募をお待ちしております。

※1 「インターバル制度」とはモーク・ワンが4月から行っている制度で、24時間につき最低連続12時間の休息時間を義務化しています。なので前日午後11時まで働いていれば、午前11時まで出社しなくてもいいという制度です。(但し午後9時以降を適応時間としています。)