もしあなたがWeb担当者であれば、自分のサイトやサービスをより発展させたいと考えるのは当然のことです。
しかし、概ねそれに必要な予算や時間を費やせないことが多く、忸怩たる思いをしているのではないでしょうか。
そんな時、あなたの強い味方となってくれるのは、意外にもいつも利用しているであろうWeb界の巨人「Google」です。
GoogleはWebサイトの運営者を、強力に、それも無料でサポートしてくれます。
それらのサービスを利用すれば、あなた1人で出来る施策の幅が大きく広がることでしょう。
もしまだご存知ない、利用していないという方は、ぜひチェックしてみてください。

ウェブマスターツール


Googleが提供するサイト解析ツールであり、まずは、ここに担当するサイトを登録しておくべきです。
ここでは、最大の検索エンジンであるGoogleからWebサイトがどう判断されているかを確認することができるのです。
ここで通知されるサイトへのペナルティは、検索結果に悪影響を与えているでしょうし、より高いサイト評価を受けるために行うべき施策もアドバイスしてくれます。
また、Google へのクロールを依頼するための「Fetch as Google」は、サイトやページを細かくチューニングした際にも使いたい大事な機能です。

https://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/

モバイルフレンドリーテスト


いまや多くのユーザーがスマートフォンでWebサイトにアクセスしています。
またGoogleは、スマートフォンでの閲覧に適したページの検索結果を引き上げるという仕組みになっているそうです。
自分が担当するサイトが、しっかりとモバイルフレンドリーであるかは期待する効果を達成するにおいてとても重要なのです。
それを確認するためのサービスが、「モバイルフレンドリーテスト」。
方法は、簡単。URLを入れるだけです。

https://search.google.com/test/mobile-friendly

Google トレンド


Googleで最新の急上昇ワードを視覚化されたデータで確認でき、今人気の話題をチェックすることができます。
特定のキーワードが、国や地域ごとにどのようなアップダウンをしているのかがわかります。
自分のサイトで集客したいワードを時系列で確認すれば、これからの戦略を考えることが容易になるに違いありません。

https://www.google.com/trends/

Googleフォント


Webフォントサービスであり、ユーザーの環境に関係なく任意のフォントをレンダリングすることが可能です。
すべて無料かつ商用利用可能ということで、使い勝手は非常に高いサービスと言えるでしょう。
使い方は簡単で、埋め込みたいWebフォントのコードをタグ直下に埋め込み、CSSをコピーするだけ。
無料と侮るなかれ、かなり美しいタイポグラフィを実現できますよ。

https://www.google.com/fonts/

Googleマイビジネス


もしあなたがWebだけでなく、直接的な来客を望んでいるのであれば、Googleマイビジネスへの登録を怠ってはいけません。
Google検索やマップなどの検索結果に情報を掲載することができるサービスであり、経路や営業時間、電話番号などが表示できるようになります。
出稿となると大きな出費になりますが、この登録はなんと無料。絶対に行うべきでしょう。

https://www.google.co.jp/business/

いかがでしょうか?
Googleには無料で使える有用なサービスが他にも多数ありますので、ぜひ確認してみてください。

https://www.google.co.jp/about/products/